体臭お役立ち情報

日本人は体臭を気にする?

世界的な視点で見ると、日本人の体臭は弱いと言われています。それでも日本人は体臭を気にする人がとても多いようです。逆に欧米人などは体臭がきつめだと言われていますが、日本人ほど気にする人は少なく、デオドラント製品も日本のように売れていないのが実情です。


欧米ではみんなが体臭がしていて、しかもその臭いもかなり強いものであるため、日常化していて慣れてしまっているからかもしれません。特にアジア圏以外では、かなりキツい体臭を持つ人に出会うことが多いのですが、その多くがワキガだという特徴があります。


日本でのワキガは10%程度であるのに対し、欧米人全体では80%、黒人ではほぼ100%がワキガとも言われます。またそういった体臭を個性であるというとらえ方をしているのも大きな特徴です。


日本人は他人との協調性を重んじる民族であることから、個性が前面にでることを嫌い、無味無臭を好むという傾向があります。さらに日本人特有の潔癖症もニオイを許せないとしてしまうようです。


臭いに対する認識として、欧米人は口臭へのエチケットを重要視します。欧米人は日本人の多くが口臭が強いと思っているようです。日常的にキスなどが挨拶がわりとしている欧米では体臭より口臭に気を配っているのです。文化の違いがよくわかりますね。


海外製のデオドラント


日本で制汗剤というとスプレータイプのデオドラントが主流ですが、海外では直接肌に塗るタイプがほとんどです。


外国の方は、体臭がきつい方が多く、スプレータイプの効果が短時間で薄れてしまうようなタイプは使いません。体臭がキツイといっても、外国人の方がニオイをぷんぷんさせていないのは、デオドラント剤を使っているからなのです。


使ってみるとビックリなんですが、海外製のデオドラントは効果と持続力がすごいのです。ワキなどに朝、塗っておけば余裕で半日は効果が続きます。汗をかくような運動をしなければ夜の帰宅時間まで効果が持続します。


スプレータイプで慣れてしまっていると、塗るタイプは少し抵抗がありますが、パウダータイプのデオドラントなら使いやすいでしょう。汗をかいてもパウダーが吸収してくれてサラサラ感が続きます。


また、ロールオンタイプは、液体を塗り込みます。ロールが回転しながら適量が出てくるので簡単です。中には入浴後や就寝前に使い続けると根本的にその部分の汗腺が引き締まり、発汗量そのものが減少する効果まで期待できます。


ただし、海外の制汗剤は日本人のデリケートな肌に合わない場合があります。成分を確認し、注意書きをしっかりと読んで自分に合うかどうかを検討してから購入することが大切です。


汗の臭いについて


体臭は体の中から出てくる汗によってもたらされます。汗のほとんどは水で無臭とされています。しかしこの汗に独特の臭いがしたら病気かもしれないというものがあります。中でも甘いバナナやココナッツのような臭いは、なんらかの病気の疑いがあると言われています。


病気の方できつい体臭を放っていることがよくありますが、甘い臭いがするのは糖尿病だと考えられます。なぜかというと、ケトン体という物質の増加が原因となるからです。


ケトン体は、インスリンの減少とともに、体脂肪が脂肪酸に変わり、脂肪酸が変わることで生成されます。これが甘い臭いの正体といわれます。


そして女性なら一度は挑戦したことがあると言われる、ダイエットによる体臭です。ダイエットだけでなく、食事ができないほど忙しいときなど、口臭が強くなった経験はありませんか。


空腹や食事制限は唾液の分泌が減るというデメリットがあります。唾液が不足すると口の中がネバネバして口臭の原因になります。また、極端なダイエットは血液中のブドウ糖の濃度が低下し、皮下脂肪から出る脂肪酸をエネルギーにします。


しかし、ブドウ糖が不足していてはエネルギーがうまく消費されないため、そのまま肝臓でケトン体になってしまい、血液や汗、尿として排出され強い体臭となってしまうことになります。