体臭お役立ち情報

体臭の原因と種類

体臭は身体から発生するニオイのことをいいます。口臭や便の臭いは体臭とはいいません。総じて日常生活をしていて自然と発生するニオイが体臭だと言われています。


ワキや足、汗臭さ、頭皮から漂うニオイですね。この体臭、一人ひとり違うニオイを持っています。


1.皮脂腺
皮脂は肌を乾燥から守ってくれていますが、皮脂には「皮脂酸」が含まれていて、空気と触れ合うと酸化して過酸化脂質に変化します。この過酸化脂質がいやな臭いとなるのです。


脂質の分泌量が多い体質の人や、生活習慣などで分泌が過剰になっていると過酸化脂質も増えて体臭となってしまいます。


2.エクリン腺
エクリン腺からは汗が出ますが、気温の上昇や緊張した時の汗や、辛いものを食べたときなどに出る汗はたいていエクリン腺から出ていて、ほとんどが水です。
ですから出てきたときにすぐふき取ればニオイなどの問題はありません。


汗が臭ってしまうのはふき取りが十分でなく、放置することで雑菌が繁殖してしまうからです。雑菌が増えるに従ってニオイは強くなります。


3.アポクリン腺
エクリン腺の他、もう一つの汗腺であるアポクリン腺は脇の下、外陰部、肛門周辺、乳輪、外耳道など特定の部分だけに存在しています。


アポクリン腺から出る汗の役割は、おおげさに言えば、ニオイそのものを作ることです。「生物の種の繁栄」が深く関わるもので、自分と異なるニオイを持つ人と結ばれることで人間が絶えることなく今に至っているのです。


人類が進化して、衣類を身につけたり、知能が発達したりしてニオイで識別する必要がなくなってアポクリン腺も退化しました。そうした昔からの名残が残っているといわれています。


体臭を消す方法はあるの?


自分がどのような体臭がして、その強さの程度はどのくらいなのか、自分ではわかりにくものです。体臭がキツいということは、なかなか指摘しにくいですよね。家族や親しい友人でも遠回しにしか言えないくらいデリケートな問題です。


しかし自分がどうやら、キツい体臭を放っているらしいと分かったら、あらゆる手を使って消臭したくなるのではないでしょうか。効果があると言われる制汗剤を日に何度もスプレーしたり、こまめに歯磨きをしたり、マウスウォッシュを頻繁に使ったり、香水をたっぷりつけてみたり。


しかしこういった方法は、あまり効果がありません。逆に刺激があり過ぎて肌トラブルになったり、口の中に炎症を起こして、却って体臭が悪化してしまうこともあります。


そして香水やデオドラントなどの匂いは、結構他人に迷惑なものです。日本人はニオイに敏感で、香水などがニガテという人が多いのです。そのため、公共の施設などには香水を控えるよう、貼り紙などがしてあります。


臭いを匂いでごまかすのは、限界があります。強い体臭の場合つける香水やコロンの量も増えます。時間が経つと体臭と混ざって香りに変化がでたりします。そのため、その上から再度、香水やコロンをつけるという負のスパイラルに陥ってしまいます。体臭を消したいなら、自分の体臭の種類や原因を観察して、根本的な対策を取ることが大切です。