体臭お役立ち情報

体臭が病気のサインとなることもある?

甘い臭いは病気?


甘いニオイのする体臭なら嫌がられないからいいんじゃない?。と思ってしまいますが、実はこのニオイが糖尿病の初期だと言われています。糖尿病の初期段階では尿や体からバナナのような甘い臭いがすると言われます。それが進行してゆくと甘酸っぱい臭いに変化します。


糖尿病が進行して糖が正常に代謝されなくなると、糖の代わりに脂肪がエネルギー源として使われるようになります。この結果、体内で生成されるのがケトン体という物質です。甘酸っぱいニオイで、「ケトン臭」とも呼ばれます。


このケトン体が血液とともに全身をめぐるため、汗や尿、吐く息、体臭が甘酸っぱくなるのです。なお、糖質を制限するダイエットをしていると同様にケトン臭を発生することがあります。この場合はケトン臭を「ダイエット臭」と呼ばれることがあります。


また、乳児の病気で、「メープルシロップ尿症」という病気がありますが、その名の通りメープルシロップのような甘い臭いの尿や汗がでます。治療をしないと発育障害などを引き起こし、死に至るケースもあるといいます。


アンモニア臭は病気?


汗は基本的に無臭ですが、皮膚には雑菌が存在しその菌が汗と結びつくとイヤな臭いを発生する老廃物となります。そのイヤな臭いがアンモニア臭の場合、体調不良のサインだといえるようです。


腎臓のろ過機能や、肝機能や消化機能の低下が考えられます。さらに重篤な病気も隠れているかもしれませんので、病院で診てもらうことをおススメします。


アンモニア臭がする原因は、体内で処理すべきアンモニアが汗と一緒に出てきてしまう症状です。健康な状態なら、体内で解毒され尿と一緒に排泄されるべきアンモニアが、解毒・排泄する機能が低下すると、毒素であるアンモニアは体内で増殖してしまいます。


また、激しい運動をしたり、体調不良の時には筋肉に乳酸が増え、血液内に流れ出すため、汗が乳酸が混じりアンモニア臭を発生させることがあります。激しい運動をしたわけではないのに、アンモニア臭を感じたら、消化器系に問題がないかチェックすることをおススメします。


魚臭は病気?


体臭や口臭が生臭い、魚臭いと感じたら、「魚臭症」という病気かもしれません。そもそも魚臭症とは、「トリメチルアミン尿症」と言われ、トリメチルアミンという臭い物質が発生してしまい、それが汗や息に混ざって排出されるために起こります。


トリメチルアミンとは、タンパク質の変化でできる物質。魚の鮮度が落ちると臭う、腐ったような臭いはこの物質によるものです。


普通ならトリメチルアミンは肝臓で分解されるため、健康体なら体内に溜まることはありません。ところが、肝機能の低下や遺伝による代謝障害で、酵素の働きが鈍くなっていると体内にトリメチルアミンが溜まってしまうため、臭いが発生してしまうのです。


魚臭症はまだ症例が少なくて珍しい病気のため、根本的な治療法は確立されていません。しかし日常の食事に気をつけることでトリメチルアミンの発生を防ぐことはできます。トリメチルアミンになる前段階の物質のコリン、レシチン、トリメチルアミンオキシドなどを多く含む食品を摂り過ぎないようにすることです。


具体的にはコリン系の食品は、ベーコンなどの加工肉やレバーなどの内臓系、大豆、インゲンなどの豆類、アブラナ科の野菜(芽キャベツ、キャベツ、ブロッコリー、カリフラワーなど)。


レシチンを多く含む食品は、卵黄や大豆、ごま油、コーン油、小魚、ウナギなど。トリメチルアミンオキシドを多く含む食品は、イカ・タコなどの頭足類、エビ・カニなどの甲殻類。


これらはあくまでも食べ過ぎに注意というもので、魚臭症を発症する人が少ないのはこれらの食品を食べ過ぎただけでなく、他の理由も重なったと思われます。